市松人形とは

市松人形は、元々は抱いて可愛がるためのお人形です。

遠い江戸の昔から「いちまさん」の愛称で親しまれ、日本人とともに永遠に生き続ける、日本の人形の代名詞。

松乾斎東光の市松人形は、伝統の手作りの技に、江戸の人形師の心をこめて、一体一体に個性と命を吹き入れています。
一体一体手作りのため、お顔の表情がそれぞれ異なります。
また、衣装に関しても、人形のサイズに合わせて、晴れ着から飾り物まで様々な種類をご用意。

「かぶきや」の市松人形は、全国のデパートの催事場等でお手にとっていただけます。
お近くで開催の節は、是非お立ち寄りいただき、お手にとってご覧くださいませ。

かぶきや人形師 松乾斎東光